<CONTENTS>

Ⅰ サービス一覧
Ⅱ 最新情報のご案内・コラム 

Ⅲ 農薬・肥料 Q&A

 おススメ肥料のご紹介

Ⅰ サービス一覧

 ⅰ 肥料・農薬の販売

肥料・園芸農薬・園芸用土・種苗などを販売致します。
一般的に市販されていないプロの農家の方が使用している肥料も、小分け(5㎏・10㎏)して販売致します(ただし、農薬は法律上禁止されていますので、小分けの販売はできません)。
配達エリア内の場合には配達も致します。

 ⅱ 家庭菜園のご相談対応

家庭菜園を始めたいが何から手を付けたらいいのか分からない、家庭菜園を続けているがどうも納得した成果が出ない、急に枯れたり虫が付いて困っている等々。
ご相談の上、適切な商品と対応方法を提供致します。

 ⅲ お役立ち情報のご提供

肥料・農薬は正しく適切に使用すれば、素晴らしい成果に結びついたり問題を解決したりすることができますが、その正しい知識をご存知の方はまだまだ少ないようです。
随時お役に立つ情報をお伝えいたしますので、是非このHPを定期的にチェックして下さい!

 

Ⅱ 最新情報のご案内・コラム

◆キュウリ栽培に!「粒状HSC」のご案内(平成28年8月5日)

これからの季節、施設抑制キュウリ栽培が始まる季節です。

キュウリ栽培といえば付き物なのが、「センチュウ(線虫)」。
特に抑制・越冬型キュウリ栽培に壊滅的な被害を与える厄介なヤツです。

そこで、線虫を捕食する新商品「粒状HSC」のご案内です。

詳しくは、「おすすめ肥料のご案内」をご覧ください。


◆農家直送新鮮野菜苗市場セールのご案内(平成28年4月20日)


農家直送の「新鮮野菜苗市場セール」のご案内です。
有機肥料セールも同時開催。
プロ農家様使用の小分け肥料もご用意しています。

売出期間:4月20日(水曜日)~4月29日(金曜日)
営業時間:9時~17時
(苗数量には限りがございますので、売切れの際はご容赦ください。)


◆元肥一発追肥不要!『ベストマッチ』のご紹介(平成28年4月20日)


「夏野菜」・「スイートトマト」の2種類をラインアップ!
500g・2.5kg・5kg・10kg・20kg(夏野菜用ベストマッチ)(スイートトマト用は1kgもあります)各規格袋をそろえておりますので、ガーデニングのお客様にもピッタリ!
作付けの最初の段階に規定量を一度与えるだけで、作物に効かせたいときに施肥した肥料がコントロールして養分を供給し肥料切れを起こしません。
便利においしい新鮮野菜を収穫しませんか!
是非『ベストマッチ』肥料お試しください!


◆ジャガイモの種いもと肥料のご紹介(平成28年2月28日) 

北海道産ジャガイモの種いも、有機肥料、元肥一発ジャガイモ用ベストマッチ肥料、ジャガイモ向け殺虫殺菌剤、草木灰を特価にて販売中!
種いもの品種は、男爵、メークイン、北あかり、アンデスレッド、北海こがね、トウヤ、トヨシロ、インカのめざめ等。
じゃがいも栽培におススメな肥料については、「おススメの肥料のご紹介」をご覧ください。


◆出荷時にはご注意を!(平成27年12月25日)

クリスマスシーズン真っ只中というのにこの暖かさは何だか農業従事者の皆様にとっては異様な感じがされるのではないでしょうか?
昨日、お得様先の農家さんのハクサイに虫が付いているので拝見させて頂くと、「ハクサイダニ」が目視できました。春~秋は土中で眠っていて、冬になると地上に出てきます。
防除剤としては、「コテツフロアブル」等が有効です(収穫前日数にご注意ください)。


◆年末年始は健康に!根木粘液(ヌル)の免疫効果(平成27年12月25日)


ネギの青い内部にはヌルヌルした粘液があります。
農家さんなら知っていますが、出荷規格の60㎝では葉身が切り落とされているので、一般のお客様(消費者)の方にはヌルの存在があまり知られていません。
そのネギの粘液には優れた健康維持機能性があることを、農研機構野菜茶業研の上田浩史さんが報告しています。

 

ネギの粘液をマウスに投与して免疫への有効性を確認した後、ボランティアの被験者20人の方に葉身部20本を2日間、焼く・炒める・煮るなどの加熱料理で 食べてもらったところ、実験開始前に比べて唾液中に含まれる分泌型IgA抗体(感染防御等に働く)が有意に増加していました。
これで加熱処理しても粘液の持つ免疫活性化作用が期待できることが分かったのです。
品種はどのネギでも構いませんが、特にネギ粘液を多く含む品種、『ふゆわらべ』(短葉性ネギ新品種)が葉身まで美味しくおススメです!

 

風邪などの病気予防のために、ネギは青い葉身のヌルエキスごと食べたいものです。
そんな人におススメなのが「ネギ油」です!
【調理方法】
ネギの青い葉身を適当に切ってフライパンに入れ、サラダ油をひたひたに注いで弱火で20~30分、ネギがくたくたになるまで火を入れるだけ。冷めたら葉を取り除いて油を保存容器へ移しておく。
この「ネギ油」を目玉焼きやチャーハンなどの炒め物に使うとコクが出て美味しくなります。
使う油はゴマ油でもオリーブ油でもよく、ニンニクやトウガラシを入れるなどアレンジは自在にできます。

 

Ⅲ 農薬・肥料 Q&A

普段よく頂くご質問とその回答をまとめています。
家庭菜園等のご参考にして下さい。
その他のご質問については個別にお問い合わせ下さい。

Q1 『肥料』って何?どんなものを『肥料』いうのですか?

土壌に撒いて、植物に栄養を補給するもの全てをまとめて『肥料』といいます。
特にチッソ・リン酸・カリを肥料の三要素といい、この成分が植物の成長に大きく影響します

Q2 「化成」と「配合」の違いが分かりません。何が違うのですが?

「化成」は、大概グレー色をした仁丹粒の大きさの撒きやすいものです。成分も色々あります。
「配合」は、油粕、骨粉、かにがら、米糠、魚粕など素材そのままをブレンドした有機質が多い肥料です。
有機質が多い分、畑が肥沃化します。

Q3 ところで「化成」と「配合」で肥料の効き方に違いがあるのですか?

一般的に「化成」は早く効き、「配合」は遅く効くという特徴があります。
最近では、腐植酸有機化成など、早くから遅くまで効く化成と配合の融合した肥料成分+完熟良質堆肥の役
割を果たす有機化成肥料もございます。

Q4 「微量要素」ってなんですか?

人間でいうところのいわゆるサプリメントに当たる成分とご理解頂いたらよろしいと思います。
もちろん単体で効くものもあります。
微量要素肥料を撒いたら相乗効果で肥料が効き、作物が甘くなります。

Q5 肥料っていうのは植物のご飯になるわけだから、土に撒けば撒くほど成長が早くなるのですか?

実は多く肥料を撒いたからと言って成長が早まることはありません。
逆に適量を撒かないとかえってよくありません。

Q6 この度苗木を植えましたが、水を上げた方がいいですか?

この質問も結構頂戴します。
プランター(大小かかわらず)に植付けた場合、定期的に水を上げる必要があります。
プランターの場合は土の量に限界があるので、イコール関係で水を持つ力にも限界があります。
畑植付の場合、条件にもよりますが、“土の表面が乾いているから水を撒こう”と思っても、案外、土の中は
湿っていて水を上げる必要がないこともあります。
あまり回答にはなっておりませんが、やはり様子を見ながら水を撒くという形になりますね。

Q7 『農薬』ってどんなものなのですか?

『農薬』と一口に言っても、大きく分けると、虫を殺す「殺虫剤」、病気に効く「殺菌剤」、草を枯らす
「除草剤」、その他にも色々種類があります。
この質問も結構頂戴します。

Q8 野菜に虫がついていますが、殺虫剤ならどれでも散布していいですか?

いけません!
少し 難しい話になってしまいますが、農林水産省という国の役所がすべての農薬ごとに散布出来る作物、
希釈倍数、回数、収穫前日数を法律で指定しています。
逆に言えば、農薬の使い方さえちゃんと守れば安心・安全な美味しい野菜を召し上がれることになります。

Q9 農薬を買うのに必要なものはありますか?誰でもすぐに買えるのですか?

農薬は大きく分けると、「普通物」・「劇物」・「“毒物」に分けられます。
「普通物」をご購入いただく場合は何も必要ありませんが、「劇物」・「毒物」に当る農薬には印鑑 が必
要となります。
詳しくは個別にご説明させて頂きますので、ご相談ください。

Q10 肥料や農薬について相談をしたいのですが、お店に直に行ってもいいですか?

はい。もちろんOKです!
駐車場もございますので、お気軽にお越しください。

Q11 配達もしてもらえるのですか?

はい。車で片道30分圏内のエリアでしたら配達も致します。ご相談下さい。


Ⅳ おススメ肥料のご紹介

◆キュウリ栽培に強い味方 ~ 新商品『粒状 HSC 』のご案内

これからの季節、施設 抑制キュウリ栽培が始まる季節です。


キュウリ栽培といえば付き物なのが、「センチュウ(線虫)」。
特に抑制・越冬型キュウリ栽培に壊滅的な被害を与える厄介なヤツです。

 

そこで、線虫を捕食する資材のご案内です。 

 

アルスロボトリス・トリコデルマ2種類の線虫捕食菌を含有し、線虫の動きを止め、養分を吸収し増殖する線虫捕食菌。
線虫捕食菌が線虫を誘き寄せる成分を出していると考えられています。 

 

NHKでも線虫捕食菌が紹介されています!
(許可を取っておりませんのでリンクを直に載せられませんが、Yahoo!Googleなどの検索エンジンで“わなで捕らえる線虫捕食菌”と入力いただくと動画が見られますので、併せてご覧ください。) 

 

 

また、キュウリ栽培後の抜根後の根も線虫のアジトになってしまうので、有機質などの根を分解する菌が更に含まれてますので、線虫としてはダブルパンチになります。

 

線虫でお困りの農家様には強力なツールになりますので、是非ご検討下さい。 

 

※注意点
①施肥前後に菌増殖促進のため、灌水をお願いいたします。
②線虫捕食菌2種類(アルスロボトリス・トリコデルマ)は太陽光に弱く、施肥後は直ちに耕運をお願いいたします。

 


◆追肥不要!ジャガイモに元肥一発『ベストマッチ肥料』のご案内

ジャガイモに合う穏やかな肥効を実現した省力・環境保全機能肥料。

『ベストマッチ野菜用Mタイプ086』

をご紹介させて頂きます。

  • 作物の特性、作型にベストマッチの肥料です!
  • 作物に最適な肥効が持続します!
  • 省力的で環境保全型の肥料です!
  • 追肥は不要ですが、従来通り、土寄せを行うことで増収が見込めます!

また、このベストマッチ肥料を使用した、「酒本肥料式ジャガイモ栽培法」をご紹介します。
是非お試しください!


◆『腐植酸有機化成 オルガニン8号』

『腐植酸有機化成 オルガニン8号』

 

「プロ農家さん御用達」のお奨めの肥料、

 

 『腐植酸有機化成 オルガニン8号 成分【8-8-8】5kg袋/20kg袋』


のご紹介です!

成分【8-8-8】という数字を見ると一般的な化成に見えてしまいますが、中身が断然違います!
是非プロ農家様御用達の『腐植酸有機化成オルガニン』をご利用になってみて下さい!!

◆特長

「価値ある作物をつくる!」という信念の一品。

有機と無機質成分の複合有機化成で、作物の健全な生育を促し、秀品多収とともに、土壌改良効果を 併せ持った有機化成肥料です。


◆「腐植酸」とは

土の力を維持する物質で、これがなくなると保肥力が著しく悪化します。

また、腐植は堆肥を畑に投入して、生成されるまでに5年~10年の月日がかかると言われています。

そのため、土の力を落とさない様に肥料散布により定期的に腐植酸を補えるということは、豊作への第一歩ともいえます!


◆ポイント

①作物の生育に適合した肥効ですので、あらゆる作物へご利用ください!

②腐植酸を含むので、土壌改良効果が増大します!(保肥力・排水力・保水力・根への酸素供給力を増大)

③火山灰土・砂土などの肥料養分が流亡しやすい悪条件の土でも、高い肥効を示します!
④生理的中性肥料なので、酸性障害はありません。濃度障害の心配もほとんどありません。
⑤発根力UP!~作物自体の養分吸収力増大により、旨味・糖度・日持ちが良くなります。